それでもまだ奇跡の起こっていない人へ

お茶づけ・英語づけの生活のなかで,考えたこと。

きっと決まっていたこと

今まで出逢ってきた人々には,

偶然をもってしか出逢えなかったと思う。

すれ違うだけのような出逢いに意味を感じられなくても

そこに偶発性があれば出逢いに意味を持たせることができる

出逢いを大切にするようになる

 

目の前の人間を軽んじないこと

1つ1つの出逢いを無下にしないことで

人の見方が変わるのであれば

実はそれが近道じゃないか

 

偶然の提供,

わざわざ提供するんだからそれは

出来すぎた偶然というか

シンクロニシティーの提供であるべきで

 

出逢った人間と出逢うことなく終わった人間は

もはや別の世界の人っていうぐらい隔たりがある

あたしはそう思うし

そう思うことで目の前にいる人の見え方が変わってくる

 

ってことを昔から言い続けている自分は

あまり成長が感じられないけども

 

広告を非表示にする