それでもまだ奇跡の起こっていない人へ

お茶づけ・英語づけの生活は,おそらくまだ続きます。

消えない過去を恨まずに生きるということ。

 

「え,それ今?」と思う出来事が毎日頻発している。というよりは,何が今の自分に必要なのか,毎日明らかになり続けている。あるものが嫌だと分かれば,少なくとも次の瞬間からは,嫌なものと関わらないように生きることを目指すだろう。

そうやってこの瞬間瞬間に,大事なものとそうでないものを分けている。

 

f:id:amnjrn:20171114113343j:plain

 

例えば,なぜ家に向かうこの道を歩いているかと言うと,私がその場所に引っ越したからだ。最寄駅から会社まで一本だから。じゃあその会社を選んだのはなぜか。

なぜかその日は着物を着ていること,そこになぜかハイヒールを合わせていること*1。右手には,先日自分で焼いてきた茶碗をぶら下げていること。

下を向いて歩くも,前を向いて歩くも,目の前に見えているもの全てが答えだ。全てすべてが,自分の決断の結果だった。

 

f:id:amnjrn:20171114121254j:plain

 

好き好んで着物に合わせたヒール。足を振り上げれば,靴はすっ飛んでいって,身体の一部ではなくなるだろう。

向こうに見えるビルは? いま歩いているこの道は?  足を振り上げようと何をしようと,消えはしないし変わりもしない。

 

下した決断とその結果は,どうやら消えないのだ。蹴飛ばして足から離れたヒールのように,目の前から消せるものはいくつかあっても。

 

 

傷つかなかったかのように,何にも心を砕いてこなかったかのように,何も起こっていないかのように生きていくことは,もうできない。

同時に,何か判断を誤ったからといって,何も終わったり消えたりしない。むしろ,傷ついた自分なり,それでも生きていかなくてはいけない将来なりが残る。

 

 

f:id:amnjrn:20171114113858j:plain

 

私の中に,「人を嫌いになったままではいけない」といった,義務感の混ざった,良心とは別物の気持ちが浮かぶ。

それは,誰かを嫌いたくないという気持ちとは違う。義務感や罪悪感は,願望ではないからだ。

 

ただし,過去に失望した誰かと表向きは再び仲良くなれても,失望したり嫌いになったりした事実は消えない。受けた傷なんてもってのほか。


例えば蹴飛ばした靴が戻ってきたとして,元のように両足揃えて履けるだろうか? 履いていたいだろうか?

 

 

f:id:amnjrn:20171114112539j:plain

 

これから心を砕かなければいけないのは,いや「心を砕きたい」のは,あなた達ではない。*2

 

もし「嫌いになってはいけない相手」という存在があるなら,それは好きになれるかどうかで判断するべきだ。好きだという前提がない相手は,許せるか許せないかを考慮する時間がもったいない。*3

許せるか許せないかで天秤にかける相手は,好きかどうかで判断できる相手に勝てない。

 

 

f:id:amnjrn:20171114114127j:plain

 

人を恨まずに生きる方法は,その人を許すことだけではない。

誰かを許すのに使う労力や迷う時間を,いま好きな人たちと幸せでいるために遣うことも,方法の一つだと思う。

いま見ていたい世界はもう,あなた方が知ってるどの私が見ていた世界とも違う。別に本人たちには伝わらないだろうけど,私が時間を遣いたい事柄や人は,もう他にある。

 

 

 

びっくりするほど,さようなら。

 

 

正しいと思える決断をし続けてきた結果が今なら,過去を向いて言うべき言葉は一つ。

「あー(あの時は)楽しかった!」だろう。‬

 

その意味では,過去の一瞬一瞬にありがとうと言えそうだ。

 

 

*1:私はそういう着方をよくします

*2:複数人に当てはまる話を書いている。今まで気に留めないようにしていた問題や人たちが,示し合わせたようにこのタイミングだったので。

*3:許すか苦慮する時間を「相手を想ってる時間」だとは考えないため。

【学士論文】現代茶道の社会教育学

こちらのページでは学部の卒業論文(学士論文)のダイジェスト版を掲載しています。

修士論文はnoteにて公開しています。本記事末尾にもリンクを掲載します。)

 

学士論文まとめ:目次

▼論文構成

▼論文要旨

▼修士論文での展開

 


矢島愛子

 2015 「茶道を巡る理論・言説・意識──人はなぜ茶人になろうとするのか──」広島大学教育学部第5類教育学系コース 学士論文(未公刊)


論文構成

序章 問題提起

第一章 中世以降の茶道論の系譜の整理
 第一節 茶道論の整理
 第二節 表千家の思想の系譜:如心斎宗左の理念から

第二章 近現代における茶道論とその生成過程
 第一節 近代茶道史概観
 第二節 千家による人々へのアプローチ:裏千家機関誌の分析
 第三節 一般人の持つ茶道へのイメージ:新聞の分析

第三章 現代における茶道修練者の意識構造に関する考察
 第一節 「おけいこごと学習」から「対人趣味型学習」として
 第二節 「終わりのない勉強」:先行研究を事例として
 第三節 社会的評価と茶道:趣味以上の意味づけ

終章
参考文献・参考資料

 


 論文要旨

本研究の出発点は,「なぜ茶道をしているのか」という質問の答えづらさである。現代において,この質問への解答が困難になっている原因の一つは,その時代において「茶道をどのように捉えることがふさわしいか」を提唱することで茶道の価値を訴えている先行研究にも通ずる,茶道そのものに価値があるという大前提ではないだろうか。そこで本研究では,茶道をしている理由を茶道自体に期待する,従来の研究とは異なる視座を示す。

先行研究で茶道論が語られるとき,手間をかけてお茶を飲む行為は,芸術や宗教,趣味,近現代では花嫁修業,生涯学習と捉えられている。換言すると,茶道に関わった人々の内面で,その人やその時代にとって魅力的な概念で茶道を捉え直すという作業が,およそ400年に渡って繰り返されている。

茶道の価値を説明することができれば,それがそのまま茶道をしている理由になると考えることは容易である。ただし,上述のような茶道をとりまく現状を勘案すると,社会情勢の影響を受けながらも「お茶をする意味」を人々が創り出しているとえる。そのため筆者は,茶道自体に意味を期待するのではなく,人々が意味を付与しているのだという立場を取る。

まず第一章と第二章では,400年に渡って茶道になされてきた意味づけをなぞっていく。これは社会の中における茶道の歴史をなぞることとほぼ同義である。その中で,いかに茶道の捉えられ方が社会に左右されているのかを認めることができる。その後の第三章では,現代における意味づけ論と,社会学的な理論を援用しつつ,それらの意味づけを引き起こしたと考えられうる理由を示していく。  

f:id:amnjrn:20171122092546j:plain

 


矢島愛子

 2017 「流派と「茶道団体」を横断する:若手社会人茶人と「伝統」の共存」

国際基督教大学大学院 アーツ・サイエンス研究科 公共政策・社会研究専攻 修士論文


修士論文での展開 

学士論文での文献研究を経て,茶道修練者の中でも現代人への強い関心を自覚し,参与観察と聞き取り調査へと方法論を変えました。修士では文化人類学へと専攻を変えています。

 

修士論文は学術誌『アジア文化研究』第44号に掲載。 抄録のPDFが公開されています。

 

修士論文は全文公開。合わせてご拝読いただけますと幸いです。

 

▼英語版もMediumにて公開。現在は要約部分中心ですが,記事を追加していく予定です。

 

100%好きになるということ(お茶と写真編)

 

あるものを好きになって,その周りにあるものが好きになれないとき,どうやって対象を100%好きになるのだろう。

 

修論の研究主題に茶道を選んだのは,「なぜお茶をやっているのか答えられなかったから」だ。「好きだから」と答えられていたら,論文は生まれなかった。

上の記事で書いたような茶道教室での経験など,手放しで好きといえない理由があって,それでも茶道から離れない自分との葛藤から学士論文が始まり,修論に繋がった。


修士論文では,茶道界のどこが問題視され,「社会人茶人」がどのように対峙しているかを概観した。その作業はそのまま,筆者(私)が茶道のどの部分が好きで,どの部分が好きになれないかを明らかにした。*1

 

f:id:amnjrn:20180907115952j:plain


きっとあの論文の執筆中は,お茶を100%好きだと言えるようになるために必要な期間だった。

嫌いなところが無くなった訳ではない。嫌いな部分が明らかになり,それでも残った好きな部分が見えたのだ。

もちろん他人のすることだと,考えの近い人でも全肯定できないことがある。だからこそ自分でもお茶を点てて,「自分にとっては完全に納得のいく世界」は自分で創る必要があった。


つまり,論文の前後で世界はこれっぽっちも変わっていないが,自分の中で,100%好きだと言える世界を見つけた

だからこれまでしてきた作業は,最初から100%の好きで始まっていたのではなく,好きな気持ちを100%にもっていくための過程だった

  


 

例えば毎日撮り続けて来たお茶だって,下手だった時期がとても長く(今も含む),恥ずかしくて好きと言えないほどだった。それでもうまく撮れない撮れないと言い続けて,ある日のお茶に,なんだか私っぽい色が出た,と思った。

 

上手い下手は急激に上達したりせず,今も上手くなった訳ではないが,表現したいものが昔よりは撮れるようになってきた,気がしたのだ。

「あ,撮りたいものが撮りたい光と色に映っている」と思えたとき,初めて「自分のお茶の写真が好きだな」と思えるようになった。

写真とお茶は一般的に別物だが,写真技術の上達抜きに,自分のお茶を好きと言えることはなかったはず。「目指す写真表現」が「100%好きだと言える世界の創造」と切り離せていないからだ。

 

 

好きと言えるまでの道のりは平坦ではなかった。好きと言えるようになることは,私にとって闘いだ。

100%完成されきった何かを与えられて好きになれることなんてない。どんな対象にも見るべき部分があって,どうしようもない欠点もあって。

量で言ったら論文2つ分,好きな世界と好きと言えなかった世界の両方の肯定ができるようになり,写真や文章といった表現が徐々に追いついてきて。その上で初めて,今見えている「自分のお茶」という小さい世界は100%好きだ,と思えるようになった。

 

f:id:amnjrn:20180907115909j:plain

  

 「山是山,お茶是お茶」

茶席でよく使われる禅語で「山是山水是水」というものがある。数ある解釈のうちの一つに触れると,悟る前は山は山,水は水にしか見えていないが,悟ると山が山に見えなくなり,水は水以上のものに見える。その悟りの段階も過ぎると,やはり山は山であり,水は水としてありのままに映る。しかし悟る前の山や水とは,全く異なる新鮮さや意味を持っている,というもの。*2

 

100%好きだと言えるようになった後は,むしろお茶への執着が薄れた気がする。好きと言えない時期の方が,お茶へのこだわりが強かった。なんだか今は,新作スイーツに並ぶ女子ぐらいのノリでお茶を好きな気がする(若さの差は考慮しない)。

毎日のお茶は引き続き,週末もお茶にまつわる活動に費やす生活は変わらない。これが健全な「好き」という状態なのもなんとなく分かる。

 

 

 

あぁ,人はこのくらいの状態を「好き」と呼んでいるらしい。

 

 

100%好きになれる世界の先に待っていたのは,「お茶是お茶」という,「やはりお茶はお茶である」という世界。

好きだと言えなかった頃にお茶と呼んでいたものと,今私が見ているものは違うだろう。それでも「悟る」前の状態に戻ったかのような,取り残された思いがある。

 

どうも憑き物が落ちてしまったようだ。

 

それと同時に,「やはりお茶はお茶である」と思えたここからが,また「闘い」になる予感もある。

 

 

 

 

*1:私の好きなお茶がこの世に存在している一方で,好きになれなかった方のお茶も,同時代的に存在しているという否定しようのない事実がある。

あるものが生起し存在していることに,誰かの好き嫌い,納得するしないは関係ない。その圧倒性に,(否定されるべくもなく)存在していることを後押しされた気がした。この世に起こっていることを,さも起こらなかったかのように否定できるものなど何もない。だからこそ,私が好きな方のお茶も同様に「否定されるべくもない」という主張が成り立つのだ。

*2:あくまでこういう風に教わりましたが,詳しい方,ご訂正ください。