それでもまだ奇跡の起こっていない人へ

お茶づけ・英語づけの生活は,おそらくまだ続きます。

原宿の母に会ってきた。

偶然前を通りかかったので,原宿の母に占ってもらった。
地元から来ていた友達が先に占ってもらい,私の番になるやいなや「結婚までにあと5から10人」と言われ吹き出した。

原宿の母いわく「あなた成長のスピードが早いから,すぐに男がついていけなくなっちゃうのよ」とのこと。そんな意識高い人に見えますか?未だに?

f:id:amnjrn:20170330233745p:plain
拾い物の画像。(すみません)

 

私「5人から10人出逢っても,結局どこにも落ち着かなかったら嫌ですね」
母「30歳過ぎてから,ちゃんと結婚できます」
私「その人には30過ぎてから出逢うんですか?」
母「はい」
私「じゃあそれまで,5から10人全部ハズレですか?」
母「はい。冬から来年の春にかけて一人現れそう」
私「でもそれハズレですよね?」
母「はい」

 

爆笑した。結婚するまでにまだ10人近く見ることのできる人生,聞いただけで楽しそうだと私の性格では思った。別にその全員と付き合うって言われた訳でもないし,良さげな人10人ぐらいは,これから全然出逢うだろうなと思った。

 

原宿の母は私の手を見た(手を出した)瞬間に「あんた男の3~4倍働くから,その人はあなたを頼るでしょうね」とも言っていた。今の人はダメだと言われれば,大半の女子は反発するだろう。今好きな人を信じたいだろうから。原宿の母は「今はアツアツだろうけど,そのうち物足りなくなるわ」と何度も言っていたけど,私の口から出たのは「じゃあ付き合っても無駄ですか?」だった。「無駄でしょうね」と言われた。

 

 

いい人だけど結婚に至らない人が,今後5年の間に10人ぐらい現れて,どんな球が飛んで来ても全部本気で振り切らなくていいし,大半を見逃したっていいとしたら。付き合ってみて別れたとしても,特にダメージなんてないだろう。

もし仮にそうなら,日本語が変だけど,30歳まであと5年が余生のように感じた。

 

そしてさらに恐ろしいのは,今ここに書いたこと,つまり,死ぬほど好きとかにはならず,別れても別に悲しくはない関係は,占いが示す「未来」ではなく「過去」5年間の自分だった

つまり,占いの内容が当たる/当たらないの問題ではなく,もう既に起こってきたことだったのだ。

 

 

結婚がとりあえずのゴールなら,結婚しなかった関係に意味はなかったのか。
人を好きになることに人生の妙味があるのなら,嫌いになってしまった人には意味がないのか

結婚に至るか/至らないかでジャッジして,終わった関係を時間の無駄だったと片付けるのか。過去の関係はそれでいいと思うけど(いいのか)今後もそれを繰り返すのか。

 

その人とうまくいくかどうかなんて,私自身が一番肌身で感じてしまうところだ。誰に何を言われなくても,終わるものは終わると,過去の経験からわかっている。今の自分にとって大事なのは「終わらせたいか/終わらせたくないか」なのだろう。
「終わってしまう/しまった関係に意味があるのか」という不毛感の中を生き続けるより,目の前のあらゆるものを「意味のあるものにしていく」努力が,今後の課題に思えた。

 

珍しく「お茶より大事にできるかもしれない」気がした人を受け流したら,私はまた,飛んで来た球を全力で打ち返さない人生になってしまうだろうな。逆に,球を全力で打ち返そう,むしろこっちから投げてやろうと思えるのなら,それだけでも私の人生の中で意味があるのだろう。いつの間にか好きならともかく,好きになろう,という努力は不毛に終わることが多いので,「全力で打ち返さなきゃ」と思うことに意味はないのだが。(どうしたらいいんだ)



一緒に占いをしてもらったその友達とは,私の初恋の頃からの付き合いだった。正確には初恋ではないけど,それまでの「好き」なんてカウントしたくないほどの出逢いが12歳であったから,私の初恋は12歳のときということになっている。私はたまに,合理化の鬼みたいになるのだ。

あれから,2回目3回目にカウントしたいような恋はできていただろうか。

2人で占いの内容を咀嚼しながら,「30歳になったら答え合わせしよう」と言いながら帰った。

 

 

広告を非表示にする