読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでもまだ奇跡の起こっていない人へ

お茶づけ・英語づけの生活のなかで,考えたこと。

3年記念日。

 

まだ3年なのか,と思うと同時に

永遠に続くものなどないっていう

諸行無常の考え方は私の根底にあります。

人の心は変わり,生きている世界も変わります。

変わっていくものに心を痛めていると,

心がボロきれになりそうなので,やめています。

だからこそ。

永遠に一緒にいるだろうからあなたが大切なのではなく

今あなたと過ごしているということだけは確かだから

あなたが大切なのです。

 

期間の長さという過去が裏付けになっているのではなく,

永遠に続くという未来の担保があるから尊いのでもなく,

今この一瞬をあなたといるということが,

私をこんな気持ちにさせているのです。

 

だから私は,半年後には違うことを言ってるかもしれません。

一緒にいることをある日突然決めたように,

逆の事柄も急に起こるのかもしれません。

 

でも,過去の判断を全く後悔していないように

未来の自分がその時に選んだ答えが正解なのだと思います。

あなたといる選択をすることが偉いとかいうことはなく,

一緒にいることも,いないことも,

どちらでも正しいのだと思います。

 

いつの日か消えてしまうかもしれない気持ちだからこそ,

そしたらもう言えなくなってしまう言葉だからこそ,

ここに留め置きたいことはただ一つ。

 

 

楽しいときも,幸せなんかじゃないときも

あなたといられて幸せでした。

 

 

 

まだ一緒にいたいです。

 

 

 

 

 

毎日お茶を点てて写真をアップし始めたのが2014年の1月10日。今日でようやく,茶道に出逢ってから今までの6年間のうちの,半分の期間を写真に収めてきたことになる。

思えば,なんの不満もなく「茶道」をしていたのは,最初の数回だけだと思う。そこからはお茶にまつわる人間関係,金銭問題,孤独や不毛感,理不尽や矛盾と闘う日々で,「人生かよ」と思った。誰よりも不満をこぼしながら,「茶道」と過ごしていた気がする。

だけど。お茶は私の全てではないのに,お茶と生きることは,ここ3年間の私を顕していた。「お茶道」が大嫌いになりそうなときも,私は自分の「茶」をして,好きな世界を創った。たとえ全部を好きじゃなくても,こんな気持ちになれるのだと知った。

 

私はただ点て続けて,写真を撮り続けてきただけなんだけど,お茶は私をここまで連れて来た。お茶は,私が今ここに立っている理由。立っていられる理由。そしてこれからは,お茶と一緒にどこへ行くかが問われている。

お茶がこんなにも私の頭と脚を動かすことだけは,確からしい事実。お茶に動かされて今に至った自分を,お茶がない頃の自分より好きになれたことも,事実だ。

 

 

 

広告を非表示にする