それでもまだ奇跡の起こっていない人へ

お茶づけ・英語づけの生活のなかで,考えたこと。

人知れず 楽しくなっても 同じこと

「最近何してるの」って質問が嫌いすぎて

人に会いたくなくなって久しい。

 

あたしはあなたたちに報告するために「何か」してる訳じゃないし

あなたに報告できる部分だけがあたしの人生じゃない

人に話すことのできない大半の時間も

あたしは確かに生きてる

 

 

ベンチャーしてたときのあたしをあたしだと思ってる人の

期待に沿える回答なんて今できない。

だからといってあたしは何もしてないのか?

そんなことは断定できない

 

あたしの人生なんて,本当の意味では誰にもわからないし

誰にも報告する必要のないもので。

 

 

誰かに報告すること

報告できる部分ばかり意識することで

どれだけ生きにくくなっただろう

 

散々報告を意識しておいてこんなことを言いますが

もし言わせてもらえるなら。

 

 

その辺の人に褒めてもらえる程度で

満足しようとしていません

 

 

人の目を意識すると放棄したくなるから

やめそうになる度

このことを思い出す

 

「その辺」のもっと先を見ないといけないんだ と

 

 

 

f:id:amnjrn:20130713140050j:plain

 

 

 

あの有名な著書の中で自らに許可を与えよと言ったのは

ティナ・シーリグだったけど

あたしもう少し楽に考えて良かったな

 

 

自分を許して

自然に 結果として 誰かも許そう

 

 

結果なんて

報告できるような部分なんて

人生にはそうそうない。

 

それでいいんだよー って

適当な生き方をしてもムカついてないで

許しておけばいいんだよ って

 

 

許すことでしか楽になれないときはある。

 

 

明らかに無関係な2年間を過ごした自分も

5年間成長の無かった自分も

それを「無駄」だと思っちゃいけないと思う自分すら

鬱陶しく感じる自分も。

 

広告を非表示にする