それでもまだ奇跡の起こっていない人へ

お茶づけ・英語づけの生活のなかで,考えたこと。

Just go with the flow !

誕生日までは楽しくやって

過ぎてから勉強頑張るとかいうような

器用なことはできない

 

「あれ変えてからこれ変えよう」ができないように

いつから頑張ろうって思うのは難しい

休もうなんて思わなくても自主的にダラける人間は特にそうだ

 

 

「これから辛いこといっぱいあるけど

絶対夢叶えてよ

俺の分の期待も背負ってるんだからさ」

 

あの時はプレッシャーに感じた

でも

過去の受験とかのときとは違うモチベーションで頑張れそうだった

 

果たしてあたしは

過去の受験のときとは違う頑張り方ができているか?

同じことを繰り返してるんじゃないか?

このままじゃ

また努力とやらの結果は出ないんじゃないか?

 

 

確かなのは

このままじゃダメなままの自分が残るってことだけ。

 

 

未だどう生きていいのか分からない

あたしに残ってるのは

うまくいかなかった過去と

あの時はプレッシャーでしかなかった言葉

 

今となっては

あの言葉だけが

あたしの生き方を肯定してるように感じる

 

 

 

頭が良くならないことばかりに

悩まされていたあの頃

一瞬だけ

もう思い出さなくてもいいような過去に戻って

一回だけ本音を言う

 

あたしは寂しかった

 

あんなに満たされながらあんなに寂しいことは

この20年で終わりにして

21年目を始めよう

 

だから,残り1日を迎えるにあたって

一瞬だけ本音に戻って

後は前を向こう

 

こんなあたしにも

背負ってる言葉があること

忘れそうになるから

 

 

必死であることに懸命にならないで

必死であることを目的にしないで

あたしはただ

立ちすくんでいたくないだけ

 

あたしはたどり着いた先で幸せになるのか?

たどり着きながら幸せになるの?

今すぐは 幸せじゃないのか ?

 

 

見るのは前でも上でも

進んでさえいれば後ろでもいい

とにかく進みたい

そのために何が手のひらから零れていっても

残ったものだけ大事にすればいい

 

ガツガツするのはいいけど

かき集めるような人生をやめよう

信じたいものを信じよう

 

自分には常に 生きたい生き方をさせよう

 

 

広告を非表示にする