それでもまだ奇跡の起こっていない人へ

お茶づけ・英語づけの生活のなかで,考えたこと。

将来を決定する過程,その考察

オークランドで日本語教師として勤務し

ニュージーランド南島で5日間の極貧バックパッカーを終え

無事に日本に帰国しております。

f:id:amnjrn:20130313064805j:plain

NZではコーヒーと紅茶以外にHot chocolateという選択肢がある。これが一番好き^^

 

「起業したいの?」「いつ結婚したいの?」

大学生になってから

未来を尋ねる質問にまともに答えられたことなんて一度もない

常に考えてるはずなのに

 

大学教授になる夢を諦めてからは

将来のことを喋るのが本当に苦手だ。

 

就活をするんだということにして

この2年生の春休みの予定も立てたし

4年生時の教育実習との兼ね合いも考えたりしておきながら

結局行きたい業界などないのです

 

 

「あたしはいつ大学院を諦めたんだろうと思って」

帰国してから先輩に話をしたら

「NZですごい楽しそうにやってるなと思ってたけど

ほんと強くなったね」って言われた

 

行きたい企業を2,3受けるぐらいなら負担にならないし

ダブルスクールで社会人大学院通う人や

数年だけ勤めて辞める人もいるから

っていうアドバイスもいただいて,

これまでいつまでも決断してこなかった自分を責めるより

これからどう生きるか考えることに全力を注ぎたいと思った

 

 

多くの選択肢から選びたがるのが消費者心理とはいえ

あたしが今まで将来を決めかねていたのは

あまりにも選択肢を狭めなかったから。

そのくせ,当然何にでもなれるわけじゃない

 

どこで,誰と,何をして生きるか

未来の構成要素って,よく考えたらこれぐらいしかない

 

正直にいうと,あたしはどれも決まっていなかった。

選択肢を増やせばよりよい未来が待っているような気がしていた。

代わりに訪れたのは,焦燥感ばかりの毎日だった

 

 

今のあたしは,将来NZに住んでみたいと思ってる。

住む場所が決まると,どんな仕事があるかなって考えるし

引っ越すまで日本でどうするかを考える

日本にいる期間が決まってくると,日本でやれることも限られる

その中で自分のやりたいことを選ぶことも

自分がやりたいと漠然と思えることを,NZでの生活にすり合わせることも可能

 

 

世界を知ることが

逆に選択肢を狭めていくとは知らなかった。

それは悪いことじゃない。

あたしは何も知らなかったからこそ

選択肢すら定まっていなかっただけだった

 

 

南島にバックパッカーしに行くか悩んでたとき

日本語の先生に言われた

「行きたいか 行きたくないか

考えなきゃいけないのは それだけです」

 

できない理由を難しく考えることがどれだけ無意味か

頭を鷲掴みにされたような気分だった

 

 

 

人生について考えたい

それを自分の言葉にしたい

 

自分を大事にしてくれる人といたい

自分が大事にしたいと思える人といたい

 

突き詰めれば突き詰めるほど

ただそれだけ

 

 

人生のどこかの段階で

あたしは大学院に行くと思う。

内定が出れば,数年日本で働くかもしれないけど

(働くのが数年であれば,

ダブルスクールより普通に院に行ったほうがいいかもっていう判断)

他には,日本の院を出てから

時間をとってNZの大学で博士号を目指してもいい

 

たとえゴールが大学教授じゃなくても

人生を言葉にするための発想も知恵も語彙も欲しい

 

 

教育学の卒論を書きながら院での研究計画書を書くことになるし

本当に大変になる

おそらく,ゼミでの研究をなるべく"生き方"にすり寄せて

教育と人生及び人間の中間を探ることになる。

あまりにも主専攻に関係ないことをする苦労は

ベンチャーかじってた時から知ってる。

教育学から逃げちゃダメだ

まずは両方を満たす学問領域を吟味することから

 

 

将来院に行かないことになっても

自分のやりたいことを,今したい。

 

 

 

広告を非表示にする