それでもまだ奇跡の起こっていない人へ

お茶づけ・英語づけの生活は,おそらくまだ続きます。

自分を満たしにかかろうとして

あたしにとっての我慢は

主に「減らすこと」だった気がするから

今までのあたしが持っていなかったものを増やそうと思う

 

例えば趣味が一つ増えた

そしてそのあともう一つ増えた

 

そうか

ほぼ無趣味だったからこそ今まで

自分の時間を何か目の前のものに費やせたんだと思う 

 

茶道は室内限定になっちゃうし道具が必要だけど

今度は屋外の趣味です。

ついでに趣味の延長(?)に目標もできた

趣味ってそれ自体が楽しみかもしれないけど

それにまつわる楽しみもできた

 

 

趣味が増えてる自分を想像してわくわくしてる

というか趣味があるって

わくわくすることなんですね。

良かったね。(誰目線)

 

今までわくわくが少なかったのは

趣味が週に1回の茶道以外になかったからかも。

 

何より,"すごい"人間になるよりも

趣味を楽しめる人間の方が楽しそうだと

思えるようになったことがまず進歩かと。

 

 

婚活ビジネスもベンチャーも

しばらくは思い出したくもないぐらいになって

今までもこれからも塗りつぶしたように真っ暗だったころ

どうやって自分を保とうか考えてたんだろうけど

人生を楽しむだけなら

すごくなる必要もなくて しかも

楽しむための方法なら無限にあるんだとこの前気づいた

 

趣味が増えすぎるのは毎日を圧迫しそうで嫌なので

縁のあるものにしぼって続けていこう

できたら一人でも二人でも人数問わず楽しめるものがいい

 

 *

 

時折いや~な感情が胸をかすめたりするのは

「甘んじるな」を他人にも求めてしまっているからかもしれない

他の人にキツくなるくらいなら自分に甘いほうがいい。

甘んじるなと言い聞かせるのは

自分だけに留めておかないとな

 

 

もし負の感情が消せないなら 

せめて楽しいことを考えておくべきで

趣味のなかったあたしは普段どうしていたんだろう ?

 

まともに負の感情を相手にしてたのかな。

 

広告を非表示にする