それでもまだ奇跡の起こっていない人へ

お茶づけ・英語づけの生活のなかで,考えたこと。

カリクレスはソクラテスにビジネススクールを勧めた

哲学的思考をやめさせるためにね。

 

 

だめだー この1週間反応が遅い

PCじゃなくて自分が。

全く人と会話できない

 

単純に睡眠時間かな。

思えばベンチャーし始めてから今まで

常に意識遠い学生だった

 

一方で,関わる人間は意識高い人が多くなる

自己効力感が下がる理由もわかる

 

自分,駄目になった。

 

残念だ。

 

 

遠くに飛びたっていた

意識をこっちに呼び戻したい

 

自分にはもっと頑張ってほしいけど

意識遠くなるほど

睡眠とか食事とか削りたくない

無理しても自分駄目になっていくから。

頑張り方を間違えれば間違えるほど駄目になっていくから 

 

意識戻ってきたら

また…やりたいことがある。

 

 

ベンチャーかじって1年

ずいぶん実学思考(志向)になった

 

今からてつがくに戻ってもいいんだろうけど

せっかく手に入れた思考を

そのまま活かしていってもいいと思う

 

実学思考だろうと実存主義だろうと

あたしが求める幸せのかたちは

結局一緒だったから

 

 

自分がやりたいことはともかく

自分がやらなきゃいけないことに関しては

全てに疑問符がついてることに気付いた

 

やらずに済ますことも

疑問符を取り除くこともできないなら 

そのバランスは

やりたいことをどれだけして過ごすかで決まるんだろう